じゅうたく通信 家づくりコラム豪華補助金ラインナップ!家を建てる・建て替えるなら絶対に知っておきたい! 【2024年版】住宅省エネ補助金〜3選〜

豪華補助金ラインナップ!家を建てる・建て替えるなら絶対に知っておきたい! 【2024年版】住宅省エネ補助金〜3選〜

家づくりノウハウ
豪華補助金ラインナップ!家を建てる・建て替えるなら絶対に知っておきたい! 【2024年版】住宅省エネ補助金〜3選〜

夢の住まいを実現するために、2024年の注目は住宅省エネ補助金!

スミコがお届けする今回の特集では、建て替えや新築におすすめの3大補助金をご紹介。

子育てエコホーム支援事業では、子育て家庭や若者夫婦向けに最大60万円のサポートがあります。
先進的窓リノベ2024事業では窓の断熱性能向上でエネルギー効率をアップ、最大200万円の補助金が魅力。
給湯省エネ2024事業は給湯分野の高効率給湯器導入をサポート。

これらの補助金を活用して、省エネで快適な住まいを手に入れましょう。

申請スケジュールや詳細な情報もお伝えしますので、住宅計画に役立つ情報が満載です。

未来の住環境を整えるためのキーワードがここにあります!

子育てエコホーム支援事業

最大60万円

高い省エネ性能を有するリフォーム工事を対象に補助金がおります!

エネルギー価格高騰への対策として、子育て世帯や若者夫婦世帯に高い省エネ性能を有する新築住宅の取得や住宅の省エネ改修を支援。
2050年のカーボンニュートラル実現を目指す。

―補助額―

子育て:若夫婦世帯 中古住宅購入+リフォーム 上限60万円
長期優良住宅の認定を受ける場合 上限45万円
上記以外のリフォームの場合 上限30万円
その他の世帯 長期優良住宅の認定を受ける場合 上限30万円
上記以外のリフォームの場合 上限20万円

子育て世帯:18歳以下の子供がいる世帯
若者夫婦世帯:夫婦のいずれかが39歳以下の世帯
その他の世帯:上記以外の世帯

◆ 補助金対象となる工事内容
《必須工事(最低いずれかの一つ)》
・開口部の断熱リフォーム
・外壁や屋根、天井、床などの断熱リフォーム
・エコ住宅設備の設置

《任意工事》
・子育て対応リフォーム (ビルトイン食洗器設置など)
・防災性向上リフォーム
・バリアフリー化リフォーム (手摺設置など)
・空気清浄機能、換気機能付きエアコン設置工事
・リフォーム瑕疵保険等への加入

◆対象期間
2023年11月2日以降に工事着手し、2024年12月31日までに 工事が完了するもの

◆注意事項
申請する補助額の合計が5万円以上であること

先進的窓リノベ2024事業

最大200万円

窓の断熱化」と「ドアの断熱化」のふたつの工事。窓の断熱性大きさに応じた額となる。

 既存住宅の窓の熱損失を軽減し、エネルギー価格高騰への対応や2030年までにCO2排出削減に貢献。2050年までにZEH基準の省エネ性能を確保することを目的。

―「内窓設置」の補助額(例)-

グレード
SS 112,000円 76,000円 48,000円
S 68,000円 46,000円 29,000円
A 52,000円 36,000円 23,000円

◆対象期間
2023年11月2日以降に工事着手し、2024年12月31日ま でに工事が完了するもの

◆注意事項
・リフォーム後の窓の断熱性能が一定値以上になること
・対象製品として登録された窓、ドアを使用すること

給湯省エネ2024事業

最大なし

エコキュート」や「エネファーム」の給湯器を導入する場合に降りる補助金

家庭のエネルギー消費で大きな割合を占める給湯分野において、高効率給湯器の導入支援を通じて、2030年度のエネルギー需給見通しの達成に貢献。

―基本額―

設置する給湯器 補助額 補助上限
ヒートポンプ給湯器 80,000円/台 戸建住宅:いずれか2台まで

共同住宅:いずれか1台まで

ハイブリッド給湯器 100,000円/台
エネファーム 180,000円/台

◆性能加算額
性能要件を満たしたより高い機能の給湯器の場合、補助金加算。

設置する給湯器 補助額
ヒートポンプ給湯器 20,000~50,000円
ハイブリッド給湯器 30,000~50,000円
エネファーム 20,000円

 

◆撤去加算額
(2024年からは撤去費も補助がおりることに)

工事の内容 補助額 補助上限
蓄熱暖房機の撤去 100,000円/台 2台まで
電気温水器の撤去 50,000円/台 基本額と同数まで

 

交付申請期間

  • 2024年3月中下旬から予算上限に達するまで(最遅2024年12月31日まで)
  • 申請は予算執行状況に応じて締め切られる可能性あり。早めの申請が推奨されます。

2024年の住宅計画において、スミコおすすめの住宅省エネ補助金3選でした。

子育てエコホーム支援事業、先進的窓リノベ2024事業、給湯省エネ2024事業の3つで、それぞれ異なる特典が用意されています。

子育て家庭や若者夫婦には最大60万円の支援があり、窓リノベには最大200万円の補助金が。給湯省エネ事業はエネルギー消費の大半を占める給湯にフォーカスし、効率的な給湯器の導入がサポートされます。

これらの補助金を利用して、省エネで快適な住まいを手に入れ、未来に向けた計画を進めましょう。

家づくりが進み始めている方は、住宅会社に相談するのが近道~♪

申請はお早めに行うことが重要ですので、ぜひお忘れなく。

スミコに相談する

情報提供お待ちしています!

取材先を募集しています!

じゅうたく通信に広告掲載しませんか?

※掲載している情報は公開時点の情報です。最新の情報は各メーカー公式サイトよりご確認ください。