じゅうたく通信 家づくりコラムクリスマスイベント【スウェーデンハウス】北欧のXmas感じてきちゃった!参加レポート

クリスマスイベント【スウェーデンハウス】北欧のXmas感じてきちゃった!参加レポート

新潟市西区 見学レポ
クリスマスイベント【スウェーデンハウス】北欧のXmas感じてきちゃった!参加レポート

北欧デザインと文化を融合した理想の住まい

北欧デザインと文化を融合した素敵な住まい。

そんな住まいを実現してくれるのが、【スウェーデンハウス】。

外観やバルコニーにそのまま表れる北欧住宅の存在感。

洗練されたデザインと贅沢な暖炉、サンデッキなどの設備が特徴。

目を引くのは、スウェーデンパイン材と呼ばれる輸入建材。

これにより、素材からも北欧の風情が漂い、住まい全体が特有の魅力に包まれる♪

デザインだけじゃなくて、北欧の文化を日常生活に融合させる提案を行ってくれるから【スウェーデンハウスには】ファンが多い!

住まいだけでなく日常の一瞬一瞬が北欧の雰囲気に包まれる…。

より一層魅力的な生活空間が広がる。

この住まいの快適さにもこだわり満載の【スウェーデンハウス】。

高い断熱性・気密性を実現するために、厚い断熱材の導入や壁のつなぎ目の断熱材、木製サッシ3層ガラス窓を使用。

これにより、スウェーデンハウスは夏は外部の熱を遮り、冬は室内の温かさを逃さない。

夏涼しく、冬温かい。

日本、特に寒冷地と北欧の気候は似ている。

冬寒い新潟には北欧の住まい・暮らしがピッタリ。

スウェーデンハウスは、耐久性と経済的メリットを兼ね備え、長期間にわたり快適な暮らしを提供してくれる。

【スウェーデンハウス】クリスマスイベント

12/3(日)スウェーデンハウス新潟営業所で、クリスマスイベント開催!

スミコも参加させてもらったよ。

スウェーデンハウスでお家を建てた方と、スウェーデンハウスで建てようかな・建てますよって方が参加 ♪

キッチンカーやワークショップもあるということでスミ子(スミコん家の子の略。笑)と参戦!

ちびっこ連れでも、親も子も楽しめる最高な時間でした。

イベントの様子や、スウェーデンハウス新潟営業所の様子をご紹介。

Christmas party

14:00~とのことで10分ほど前に到着。

スタッフ皆さんご丁寧にお迎えしてくださって、抽選券とキッチンカーチケットいただきました。

キッチンカー、あとで楽しも~。

ちょうどおやつタイムだな~。

リビングに集まって開始を待つスミコ親子。

お子さま連れ多数。

家族で参加できるイベントたのしいな。

オープニングでは佐藤店長から、ご挨拶。

24組60名ほどの参加とのこと!

大イベント!!

ワークショップ〖Xmasスワッグ作り〗は2グループに分けかれて時間でご案内~。

スミコは今回、スミ子(しつこいようですが、スミコの子の意。笑)、おちびちゃんとの参加だったのでスワッグ作りは断念…

ひたすら【スウェーデンハウス】を堪能した!

スウェーデンハウス 新潟モデルハウス探検~♪

リビング






スミ子👶、ムーミンにご挨拶。

「はじめまして~」

握手のつもりか?そりゃしっぽだ、あんた。

ダイニング・キッチン



素敵なキッチン。

なんだこのレンジフード、白いし丸くて可愛い。


皆さんが、スワッグを作っている時間、タイルをひたすら数えるスミ子👶


「うまいたよ、はは!うまいたよ!」の指差し。

可愛いディスプレースペース。

スミ子や、それは“幸福を呼び寄せる馬:ダーラナホース”というんだよ。

われわれもあやかろうね。

和室スペース



2階も探検♪

子供部屋はプレールームになっていて子供たちがおもちゃで遊んでたよ!

家族向けのイベントで、こういう配慮も嬉しい。

お!もみの木?スギ?

グリーンの良い香りがする🎄

スウェーデンハウスオーナーさんと!

スワッグ作りを待つ皆さん、それぞれでお話盛り上がっている。

オーナーさん同士や、これから建てようとしてる方とオーナーさんとでお話が弾んでいた。

素敵な交流。

スミコもお話させてもらって、すごく楽しかった!

スミコもまだ未経験の、冬の宿泊体験で感じたことや、【スウェーデンハウス】の決め手になったこと。

他の住宅メーカーさんとの違い等々。

お話の中でスミコが「なるほど!」と感じたこと。

それは、『スウェーデンハウスは、モデルハウスと完成住宅とでギャップがない』ってこと。

どこのメーカーさんも、モデルハウスって豪華絢爛。

オーナーさんとお家を見学して感じるのは、リアルサイズとモデルハウスのギャップ。

だけど、お話うかがった方の感想としては、
『スウェーデンハウスは、そのギャップが少なかった。ここなら、モデルハウスでイメージしたお家そのまま実現できると思った!』

なるほど過ぎる~!

そりゃお金かければ夢のマイホーム、夢の通りに、いやそれ以上なものが建てられる…。

でも、予算は溢れてくるものじゃない。

自分達の予算の中でも【スウェーデンハウス】なら、北欧風ではなく高性能の本物の『北欧住宅』が建てられる!ということかな。

この日、外は大荒れで寒かったけど、モデルハウスはポカポカだったしな~。

説得力の塊、【スウェーデンハウス】のモデルハウス。

キッチンカー:dimple

(引用:dimple Instagram《@dimple_smile.loco》より)

かっこいい黒いキッチンカーは【dimple】

季節によって、軽食からスイーツまでいろんなメニューがあるみたい。

この日は、コーヒーやスープ、焼き芋メニューに可愛いたい焼き等々。

迷っちゃうスミコ…

【スウェーデンハウス】からいただいたdimpleチケットをフル活用して、おやつに焼き芋とたい焼きをチョイス!

少々開き始めていたスミ子👶も上機嫌。
お茶と、Sweden紅茶なるものをいただき素敵なおやつタイムを過ごせたスミコ親子♡

スワッグ作り2グループとも、終わったようで抽選会が始まる模様。

フィンランドのXmasのお話&抽選会


皆さん、素敵なスワッグを手に持ちエンディングへ~。

スワッグ作りの先生が元々フィンランドにお住まいだったとのことで、フィンランドのXmasのお話を聞かせてくれた!🎄

フィンランドでは、Xmasはどこもお休み。

みんなお家へ帰って家族と過ごすんだって。

当日を迎える前に、凍った状態のもみの木を買ってきてガレージに置いておく。

溶けたら、作っておいたジンジャークッキーを飾るんだって♪

フィンランドでは、サンタクロースのお手伝いをする小人“トントゥ”が、子供たちを窓から覗いてる。

「1年、いい子にしているかトントゥが見ているよ」とお話するんだって、可愛い。

お話きいていて、スミコも子供のころに戻ったようにXmasの雰囲気にワクワクしちゃった。

習慣を知るって素敵。

【スウェーデンハウス】ではその習慣や文化に自然に近づける。

さて素敵なお話終わって抽選会!

北欧食器/iittalaのペアグラスや、マリメッコのコーヒーカップ、BALMUDA(バルミューダ)のケトル。

景品が豪華!

残念ながらスミコはハズレ~。笑

でももれなく素敵なお土産をいただいてしまいほっこり。

とっても素敵な時間を過ごせました!

可愛いポーチやカレンダー、飴ちゃんまでいただいてしまって有難や。

次は、冬の宿泊体験予約しているから、また【スウェーデンハウス】満喫させていただきます!

【スウェーデンハウス】の皆さん、オーナ―の皆さん、ありがとうございました。

スミコに相談する

情報提供お待ちしています!

取材先を募集しています!

じゅうたく通信に広告掲載しませんか?

※掲載している情報は公開時点の情報です。最新の情報は各メーカー公式サイトよりご確認ください。