新潟住宅通信 家づくりコラム災害に強く快適な高性能住宅/アサヒアレックス【みちまち住宅祭】

災害に強く快適な高性能住宅/アサヒアレックス【みちまち住宅祭】

新潟市西区 みちまち住宅祭住まいの話題分譲地土地の話題
災害に強く快適な高性能住宅/アサヒアレックス【みちまち住宅祭】

2023年、新潟市西区坂井地内に新しい町が誕生!
緑あふれるシンボルロードが人と人、人と町をつなぐ『みちまち坂井つばさ』

そして2023年5月には『みちまち住宅祭』として、この町で実際に暮らす方のために建てられた20棟のお家が公開されます!

新潟住宅通信では、『みちまち住宅祭』に参加するビルダーさんへのインタビューを実施!

9社目となる今回は、新潟市西区に本社を構えるアサヒアレックスさん。
高性能で快適な家づくりのこだわりや、『みちまち住宅祭』参加の想いを執行役員本部長の小日向さんに聞いてみました。

アサヒアレックス新潟 株式会社 / 執行役員本部長 中越支社 支社長

小日向 裕輔Yusuke Kohinata

冬は暖かく、夏は涼しい。そんな高性能住宅を手がけるアサヒアレックスさん。特に気密性にこだわり、お客様のお家は全棟気密測定。嘘のない高品質で快適な暮らしを支えます。

住まいを支えるライフトータルカンパニー

――まずは、アサヒアレックスさんの家づくりの特徴から聞かせてください。

アサヒアレックスは、性能・デザイン・保証の3つを大切に家づくりをしております。新築住宅だけではなく、増改築・リノベーションも取り扱っています。衣食住の「住」の部分をトータルでサービスできるライフトータルカンパニーとして、お家づくりをさせていただいております。

――その中で特にこだわっていることや、大切にされていることは何ですか。

まずは快適に住めることお金を掛けずに住めること。そして何よりも長く住んでいただけること。そういう家づくりを大事にしています。お客様にとってのメリット、そしてベネフィットを考えた家づくりをご提案をしています。

お客様が「どんな家づくりをしたいか」というところから、その先にある「その家でどんな暮らしを送っていきたいか」を想像していただくことが、大切だと思います。

――実際にアサヒアレックスさんでお家を建てられたお客様からは、どんなお声を聞くことがありますか。

CS訪問といいまして、必ず年に2回、お引き渡し後にお客様のところへお伺いしています。そこでお客様にいただいたのは、「住めば住むほど光熱費が安い。やっぱり性能にこだわって良かったよ」という言葉です。

光熱費を抑えた暮らしの中で「冬暖かいよ」「夏涼しいよ」というお言葉をいただけるのは、性能にこだわってきて良かったなと実感する場面ですね。

――今お話にあった性能の面で、アサヒアレックスさんならではのこだわりはありますか。

高気密・高断熱という言葉は皆さんよく聞かれると思います。アサヒアレックスでも断熱は当然大事にしていますが、それ以上に気密にこだわった家づくりをしています

アサヒアレックスでは、全棟で気密測定を実施しているんです。

極端な話、断熱性能は計算をすれば家が建つ前から分かります。でも気密は、完成した家を気密測定して初めてはっきりと分かる。そのため気密測定をするということは、職人さんがその家をいかに丁寧に作ったかという証明にもなります。

持続可能な暮らしの実現に向けて

――今回『みちまち住宅祭』に参加を決めたきっかけは何ですか。

まず、『みちまち』は新通つばさ小学校のすぐ近くで、子どもたちや子育て世代の方が集まる非常に良い環境であるというところですね。

あとは『なない路』やみちまち公園などを中心とした自然を感じられる町づくりに共感して、今回出展を決めさせていただきました。

――こんな家を建てたいという設計プランの構想はありますか。

アサヒアレックスは、周りのロケーションを活かしたデザインが得意です!

『みちまち』のお住まいも自然と共生できるようなものになるように、外観は外壁に吹き付け壁を施し、自然に溶け込むような佇まいを考えています。そしてリビングとデッキ、外を繋ぐ設計をしていきたいと思っております。

あとは太陽光パネルも設置しますので、お客様が光熱費を気にせず暮らせるような高性能住宅を目指します。

――『みちまち』では、持続可能な町づくりもテーマになっています。住宅における災害対策について、アサヒアレックスさんとして考えられていることはありますか。

アサヒアレックスでは、ほとんどのお家に自社製の太陽光パネルを搭載しています。そのため『みちまち』でもテーマになっている太陽光パネルや蓄電池を搭載したお家というのは、私どものコンセプトとも非常に合ってるかなと思います。

とくに最近は災害が非常に多いですよね。レジリエンス住宅・防災住宅という取り組みは、私たちも今後スマートハウスとあわせて進めていく予定です。

――地震に強い家づくりもアサヒアレックスさんの特徴になるのでしょうか。

そうですね。アサヒアレックスでは、約6年前ほど前から「全棟制震システム」を標準搭載しています。

――耐震はよく聞くんですけど、制震ってどういうものですか。

耐震は字のごとく「揺れに耐える」ものですが、制震は「揺れを制する」ものになります。高減衰ゴムというものを使って、動エネルギーを熱エネルギーに変えるシステムを全棟入れさせていただいてます。

これにより非常に揺れにくいお家になります。1階と2階の揺れの幅を半分以下に抑えられるんです。例えば震度7の揺れでも震度4ぐらいまで低減してくれるといったデータもあるんです。

――それは安心ですね!最後に、アサヒアレックスさんから『みちまち』に興味をお持ちの方に何かメッセージをお願いします。

『みちまち』は自然豊かな地域で、ZEHという環境に配慮した高性能な家づくりがコンセプトになりますので、アサヒアレックスも非常に共感しています。

まずはアサヒアレックスの展示場をご覧いただければと思いますので、ご予約をお待ちしております。

『みちまち』での家づくりをぜひ、私たちにお任せいただければと思います!

2023年5月、『みちまち住宅祭』開催!

新潟住宅通信では、今後も『みちまち坂井つばさ』『みちまち住宅祭』について取り上げていきます。
ぜひチェックしてください!

※アサヒアレックスさんの紹介ページはこちら