新潟住宅通信 家づくりコラム1年中快適に過ごせる高品質で低価格な住まい/パパまるハウス【みちまち住宅祭】

1年中快適に過ごせる高品質で低価格な住まい/パパまるハウス【みちまち住宅祭】

みちまち住宅祭住まいの話題土地の話題街の話題
1年中快適に過ごせる高品質で低価格な住まい/パパまるハウス【みちまち住宅祭】

2023年、新潟市西区坂井地内に新しい町が誕生!
緑あふれるシンボルロードが人と人、人と町をつなぐ『みちまち坂井つばさ』

そして2023年5月には『みちまち住宅祭』として、この町で実際に暮らす方のために建てられた20棟のお家が公開されます!

新潟住宅通信では、『みちまち住宅祭』に参加するビルダーさんへのインタビューを実施!

10社目となる今回は、新潟市中央区に本社を構えるパパまるハウスさん。
高品質で低価格な住まいづくりのこだわりや、『みちまち住宅祭』参加の想いを営業の松田さんに聞いてみました。

株式会社 パパまるハウス / 課長

松田 大作Daisaku Matsuda

新潟市中央区に本社を構え、全国15府県で高品質・低価格な住まいを提供するパパまるハウスさん。「家を建てることをゴールにせず、幸せな人生のスタートにして欲しい」。そんな想いのもと、建てた後に後悔の無い住まいづくりを手掛けています。

夏も冬も快適に過ごせる『Z空調』

――まず、パパまるハウスさんの家づくりの特徴を聞かせてください。

パパまるハウスは、もともと新潟で育った企業です。そのため「冬は寒く夏は暑い」という雪国ならではの風土に対応した住宅を造っています。

まずは断熱材へのこだわり。そして『Z空調ゼックウチョウ』という全館空調をご提案して、お客様にいかに快適に過ごしていただくかを考えています。

その上で、お客様に高パフォーマンスの住まいを提供できるように、住宅のコストを最低限まで抑えています。最高の家を低コストでご提供するというところを追求したメーカーだと思っております。

――その中でも特にこだわっている点や、他社様と違うところはどこでしょうか。

パパまるハウスの家づくりは「企画提案型住宅」という、お住まいの形が概ね決まっているところからスタートします。

お客様の中には、こうしたいというご要望の強い方もたくさんいらっしゃいます。ただ、やはり大半の方にとっては初めての家づくりということで、一から考えるのは大変なことだと思います。

そこでパパまるハウスでは、年間1,000棟以上のお引き渡ししたお客様の声をもとに、使い勝手のいい間取りのバリエーションをご用意しているんです。シンプルで使い勝手のいい間取りが気に入っていただけています。

お客様が何を選ばれても後悔しない家づくりが実現できるというところが、他社様に負けない強みかなと思います。

――『Z空調』のお話がありましたが、新潟市内で『Z空調』を実際に体感できるような場所はありますか。

パパまるハウスのモデルハウスは新潟市内に12拠点、県内には37拠点ほどあり、全棟Z空調を搭載しております。

やはり性能の良さというのは、実際に体感していただきたいです。モデルハウス自体がリアルサイズで作られてますので、非常にリアリティーを持った体感ができると思います。

特に真夏と真冬に是非ご体感いただきたいですね。春と秋は「普通のエアコンでいいかな」っていう感覚に陥りがちで、なかなか皆さんに訴え切れないんです。真夏・真冬に購入いただいた方は非常に喜ばれており、「モデルハウスの快適さは本当だったんだ」っていうお声も多いですね。

――実際にパパまるハウスさんの家にお住まいの方からは、どんなお声をいただきますか。

冬場にお引き渡しをさせてもらった方からは、実際にご体感いただいて「本当に暖かくて最高」「冬場も極端に言えば布団いらずで過ごせる」とのお声をいただきました。また「電気代がものすごく安かった」という点でもご満足いただいています。電気代に関しては、今までの賃貸の暮らしよりも安くなったという方もいらっしゃるぐらいです。

あとは、2年後3年後にお邪魔したときも「使い勝手が良くていいよ」というお声をお客様からいただきます。そのあたりも「企画型提案住宅」の良さの一つかと思います。

住まいの新しいスタンダードをつくる

――今回パパまるハウスさんが『みちまち住宅祭』に参加を決めたきっかけは何ですか。

『みちまち住宅祭』では、各メーカーが想いを一つに持ちながら町並み形成に参加できるというのが一つの魅力かなと感じています。

あとは、ご近所関係が希薄になってる現代において、町の人の目が届く場所で助け合いながら、みんなでお子さんを育てていく。そういったコンセプトに非常にグッときました。

――今回は蓄電池や太陽光など、持続可能な町づくりというのもテーマになっています。そのあたりはパパまるハウスさんではどう考えられていますか。

今、全国的にエネルギー不足と言われていますよね。そんな中で、自分たちが暮らす家だけでも自給自足ができるような蓄電池があることや、環境に配慮した住宅というのはむしろマストになっていくのではないかと思います。

太陽光に関しては、住んでからの光熱費を見ると間違いなくお安くなっているので、むしろ載せないメリットはないかなと思います。これからは私たちがそういう環境やエネルギーへの取り組みを前向きに発信していかないと、お客様にとって後悔する住宅になってしまうのかなと考えています。

――パパまるハウスさんの方で、「こんな家を建てたいな」という構想やイメージしているものはありますか。

そうですね、通常の住宅地にぽつんと作るというものではないので、みちまちのコンセプトに基づいた上で新商品の開発も兼ねたお家にしたいですね。今後みなさまからご要望が出てくるような部分も踏まえて、最近のニーズに合った住まいをご提案したいと思っています。

デザイン的な面で言うと、最近は奇抜なデザインのお宅も多いと思います。しかし今回は植物の緑が映える明るいトーンのお家、ナチュラルテイストで街に調和する外観を視野に入れながら、色味の構成を考えております。

――パパまるハウスさんとして、こういう想いの方に住んでいただきたいというイメージがあれば教えてください。

また、住宅を購入する際は、どうしても建物だけにフォーカスしがちだと思います。しかしその町並みで暮らしていくことを想像していただきながら、パパまるハウスの住宅での暮らしの快適さを想像して欲しいと思います。

あくまで個々で住むというよりはみちまちの中で調和いただける方、しっかりとコンセプトをご理解いただける方に住んでいただきたいですね。

――最後に、『みちまち』に住みたいと考えている方へのメッセージがあればお願いします!

環境に配慮した住宅というのは、パパまるハウスが考えるこれからの住まいづくりのイメージと重なります。環境に配慮した住宅地に、快適に暮らせる住まい。そしてZ空調で温度も1年中快適な住まいから望む、樹々がそよめく散歩道。

『みちまち』で、これからの住まいづくりの新しいスタンダードを提供したいと考えています。
ご期待ください!

 

2023年5月、『みちまち住宅祭』開催!

新潟住宅通信では、今後も『みちまち坂井つばさ』『みちまち住宅祭』について取り上げていきます。
ぜひチェックしてください!

※パパまるハウスさんの紹介ページはこちら

※掲載している情報は公開時点の情報です。最新の情報は各メーカー公式サイトよりご確認ください。