新潟住宅通信 家づくりコラム性能にこだわった高品質・低価格な住まい/イシカワ【みちまち住宅祭】

性能にこだわった高品質・低価格な住まい/イシカワ【みちまち住宅祭】

新潟市西区 みちまち住宅祭住まいの話題分譲地土地の話題
性能にこだわった高品質・低価格な住まい/イシカワ【みちまち住宅祭】

2023年、新潟市西区坂井地内に新しい町が誕生!
緑あふれるシンボルロードが人と人、人と町をつなぐ『みちまち坂井つばさ』

そして2023年5月には『みちまち住宅祭』として、この町で実際に暮らす方のために建てられた20棟のお家が公開されます!

新潟住宅通信では、『みちまち住宅祭』に参加するビルダーさんへのインタビューを実施!

7社目となる今回は、新潟市秋葉区に本社を構え、全国各地で家づくりをするイシカワさん。
独自の住宅設備や、『みちまち住宅祭』参加の想いを設計部 課長の大野さんに聞いてみました。

株式会社イシカワ / 設計部 課長

大野 貴宏Takahiro Ohno

高品質・低価格な住宅を全国で展開するイシカワさん。
完全自由設計で価格以上に充実した設備を搭載。また地域密着のアフターサポートで、お客様に安心・安全な住まいを提供しています。

“住宅価格度”の高い家を提供したい

――まず、イシカワさんの家づくりの特徴を教えていただけますか。

高品質の住宅をお客様の手が届きやすい低価格でお届けするところが、イシカワの一番の特徴です。

「低価格」というのは、性能に対して価格が安いという意味合いです。いわゆるローコスト住宅ではなく、必要最低限の性能をお求めやすい価格で提供できるように、リーズナブルに作られています。

どんなに高品質でサービスが良くても、価格が高ければ良い商品とは言えません。また価格が安くても、品質、サービス、デザインが悪ければ “住宅価値度“ は最大にはなりません。イシカワの「良質住宅」は “住宅価値度“ が最高の住宅で、お客様にとって最良の住まいとなる住宅です。

――そんなイシカワさんの住まいについて、実際にお家を建てられたお客様からはどんな言葉をいただきますか。

イシカワでは毎回お客様にアンケートを取っており、社内でも共有しています。

そのアンケートの内容を見てみると、「冬暖かくて夏涼しいお家だということが建ててみて分かった」というお声をいただくことが多いですね。実際に住んでみて断熱性能の高さを実感していただけているようです。

最終的にイシカワを選んでいただく理由としては、営業の人柄や説明の丁寧さが決め手になっている部分も大きいかもしれません。

――断熱性能のお話がありましたが、性能に関してイシカワさん独自の仕組みや設備などはありますか。

イシカワ独自のシステム『ブローボックス』を搭載しており、現在「実用新案特許」の取得を目指しています。

『ブローボックス』とは、簡単に言うと家の中の空気を回して、温度や湿度のムラを無くし均一な状態にするシステムです。部屋の中も床下も同じ温度環境になっているので、カビの発生なども一切ありません

非常にシンプルな仕組みなので、新築でも増改築でも導入できるのも強みです。

――性能って目には見えない部分や、住んでみないと分からない部分も多いかと思います。お客様に説明する際に工夫されていることはありますか。

性能の面に関しては、やはり体験しないと分からないところもあると思います。イシカワは新潟県を中心に非常に多くの展示場がありますので、実際に来て体感していただける機会を多く提供できるのが一つの強みです。

展示場だけでなく、最近は建売住宅にも力を入れているんです。実際のお客様のお家に近いスケールで建ててますので、よりリアリティのある体験をしていただけると思います。

町の緑を楽しむ家づくり

――今回『みちまち住宅祭』にご参加を決めたきっかけは何ですか。

まずは、ここ最近大きな住宅祭が無かったこともあり、お客様に住宅を見て決めていただける良いチャンスだなと思いました。

また、『みちまち坂井つばさ』の住宅街の中に緑あふれる公園や遊歩道ができるというのも、とても面白い取り組みだと感じています。

太陽光や蓄電池などを搭載した省エネ住宅、持続可能な町づくりがテーマになっているのも魅力的です。将来を担う子どもたちに向けて、短期的ではなく、長いスパンで見据えたコンセプトというのをお客様にも共感していただけると思い、参加を決めました。

――『みちまち住宅祭』で、「こんな家を建てたい」というイメージはありますか。

『みちまち』は住宅の南側が遊歩道になっているため、プライバシーへの配慮も考える必要があります。

設定自体は少し難しい部分もあるかもしれませんが、逆を言えば、普段とは違った何か面白いプランが出来るのではないかなと。例えば、デッキから遊歩道にスムーズに繋がるような、そんなプランを考えたいなと思っています。

あとはシンボルツリーの他にも、外だけではなくて建物の中や表面など、あちこちに緑があるような住宅にしたいですね。

――お庭に植える木の選定やアドバイスなども、一緒にしていただけるんですか。

そうですね。お手入れしやすいものや、落葉することで光を取り入れやすくなるものなど、木にも様々な種類があります。ご要望や暮らし方に応じて選べますので、その辺りも含めてアドバイスさせていただきます。

――最後に『みちまち』に興味をお持ちの方に、イシカワさんとして何かメッセージをお願いします!

せっかく緑豊かな町づくりが計画されていますので、住宅だけではなく緑も一緒に楽しめるお家にしたいと思います。

今はパソコンとかゲームとか、家の中で楽しむことが多い時代かと思います。そんな中でも、外遊びも大好きな子どもに育って欲しい、そういう願いを持ったご家族に住んでもらえれば嬉しいですね。

2023年5月、『みちまち住宅祭』開催!

新潟住宅通信では、今後も『みちまち坂井つばさ』『みちまち住宅祭』について取り上げていきます。
ぜひチェックしてください!

※イシカワさんの紹介ページはこちら